イタリアンのよさ

私はイタリアンが大好きです。そのよさについていくつか書いてみたいと思います。まず第一に、うまみの方向性が定まっており、安定しているというところです。具体的にはにんにく、トマト、バジル、オリーブという基本があると思います。日本でいうしょうゆ、みそのようなものでそれくらい安定感があり、どこのお店でも失敗しにくいということへつながっていると思います。とくににんにく、には食欲をかきたてるものがあり、本当においしいと思います。 そしてイタリアンのよさのふたつめは、お手頃な価格だと思います。フレンチ、鉄板焼き、しゃぶしゃぶほどの高級感、値段の高さはないことが多いです。それは、やはりとても大きなことで、安定したおいしさを手ごろに食べれるというのは大きな利点なのではないでしょうか。また最近では激安のファミリーリストランのようなものもいくつかあり、本当に安くおいしいパスタ、ピザなどが食べれるようになりました。本当にありがたいことだと思います。 そしてもうひとつイタリアンのよさは、雰囲気、空間のおしゃれさということがあると思います。居酒屋、定食屋さんと違った、少し上質で落ち着いたレストランであることが多く、よい気分、セレブでリッチな気分になれるというのもすごくよいことだと思います。私のお気に入りのイタリアンレストランもすごくよい雰囲気で、やはり女性客、マダムのお客が多いようですごく、よい雰囲気です。下品なお客がいないということが大きいのかもしれませんね。
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - イタリアンのよさ
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]